充実した会話ができない

女性と一緒にいるとき一番何をしているか考えてください。
そう、会話です。
つまりあなたとの会話で女性が充実した時間が得られれば、あなたに興味を持ってくれるはずです。
そしてこの会話術(コミュニケーション能力)は容姿に自信がない人たち(私)にとっては確実に装備して置かなければならない必須のスキルです。
そこで過去記事にコミュニケーション能力について書いてますので、まずそちらを熟読してください。
ちょっと長いですね。お疲れ様でした。
要するに相手の立場になって会話をするということが重要なポイントになります。
女性との会話でマイナスイメージを持たれる一番やってはならない、そしてやってしまう人が多いであろうミスは…
『自分語り』です
これ結構やっちゃう人多いんです。自分が歩んできた歴史を脚色して大げさにしながら、武勇伝を気持ちよく垂れ流してしまう…
これ聞いてる側は正直退屈なんですよ。人間は自分が話したい生き物なので、一方的に話をされ続けるとイラッくるしそれが自慢話だと余計に腹が立ちます。
むしろその武勇伝を聞いてあげる余裕がほしいですね。

常に相手のことを考えて行動している

「女は男に尽くすもの」なんて時代錯誤な事を考えていませんか?育てられる段階で男性はお母さんにも世話を焼いてもらったりする機会が多く、どうしても相手に求めるタイプになりがちです。
しかしモテる男性はそんな事は考えません。自分のことより付き合っている女性を中心に考えてくれます。男性からみれば「女性に媚びている」と思われかねませんが、相手を気遣うという事をきちんと見せることができる男性というのはやっぱり頼りがいがあるのです。

連絡がマメ

女性からのメッセージを「めんどくさい」と言って流してしまうことはありませんか?女性は好きな男性といつでも連絡がとれるようにしておきたいもの。それどころか、男性のほうから連絡が来るとそれだけでポイントが高くなります。
「釣った魚に餌はやらない」ということわざがあるように男性はアプローチの段階では大変熱心ですが、いざ付き合うとなるとなぜかだんだんと連絡が適当になります。連絡がマメな男性はやっぱり安心できるものなのです。